ぷらら光が初期設定してもWiFi繋がらない

ぷらら光が説明書通りに設定しても、スマホのQRsetupアプリを使っても全然繋がらない。ぷららの公式サイトとYouTubeだけは見れたのでIPoE接続(IPv6?)に対応しているサイトだけ見れる状態のようだ。本来は光電話なしの場合でもBaffaloの無線ルーターをルーターモードにしてつなぐと繋がるらしいが駄目だった。

解決した方法

結論から言うと、光電話を付けていない場合、Baffaloの無線ルーターをルーターモードにして再起動(もしくはリセット)し、PCでWiFi接続してブラウザで192.168.11.1にアクセス。Internetの項目で「PPPoEクライアント機能を利用する」に設定し、PPPoEの項目でplalaの接続先設定情報(接続先パスワードは契約情報の本パスワード)を入れて保存することで解決した。

原因としてはおそらく最初にルーターモードをAP(つまりアクセスポイントモード)にして設定したことだと思う。もしくはぷらら側が設定してくれなくて駄目だったパターン。

すごく分かりにくかった点

もうネット回線系は契約からキャッシュバックの受け取り方法からすべてが分かりにくくストレスの塊だが、今回割と詳しい自分でも分かりにくい点があった。

接続マニュアルが3つある

今回モデムや無線ルーターと一緒に届いた接続マニュアルは3つ。

  • フレッツ光のインターネット設定ガイド
  • ぷらら接続マニュアル
  • Baffaloの無線ルーターに入っていたぷららの接続ガイド(Wi-Fiルーター無料レンタルをご利用のお客さまへ)

やっかいなので、このぷらら接続マニュアルは光電話ありの人にとどくホームゲートウェイ(HGW)の場合で解説されていること。この場合はHGWにルーター機能があるから無線ルーターはAPモードにしろと書いてある。

APモードでは無線ルーターにログインできない

一般的に無線ルーターはWiFi接続後にブラウザ(SafariやChromeとか)のアドレス欄に「192.168.0.1」と打ってやればログイン画面が表示される。ただBaffaloの今回のタイプはまずアドレスが「192.168.11.1」だった。これ自体もPPPoEの接続マニュアルには書いておらずルーター自体の取り扱い説明書の奥の方に書いていて気づきにくかった。で、最もやっかいだったのがAPモードにしているとこれにアクセスができない点。

知らなかったこと

昔、光回線の飛び込み営業をしていたり、その通信機器の検証業務をやってたり、現状もIT職なのでルーターや光回線まわりの知識には割と自信があった。と言ってもルーターモードとアクセスポイントモードの違いや、192.168.0.1と打つとルーターにログインできることくらいだけど。IPv4よりIPv6が早い、昔はPPPoE接続だけど今はIPoE接続だくらいの雑さもある。

VDSLモデムにはルーター機能がない

工事業者さんは「工事終わったんでネット使えます(でもWiFiは無いんで有線接続のみです。WiFiルーターは自分の担当じゃないから責任転嫁しないでね)」的な物言いで去っていった。でもぷららサポートセンターの人いわく、「光電話をつけていないのでホームゲートウェイ(HGW)ではなくVDSLモデムが届いている。これにはルーター機能がない」とのこと。

よくよく聞くとPCで有線接続する場合はPCがルーターの役割をするらしい。だからそれ以外のPCをVDSLモデムにつなげてもネットは使えないんだとか。今の時代、ほとんどの人がスマホやWiFiを利用するのにこんな投げやりな仕事でいいん?

その他の不満点

まずぷらら申し込みしたら工事日が1ヶ月先になったこと。キャッシュバックくれるのは良いけど、ネット環境がなくなるのは死活問題なんだし、各会社の契約も2年自動更新とかで1ヶ月しか解約期間がないとかだから容易にトラブルになることなんて想像できるじゃん?そうだよね、それでも契約してもらったもん勝ち、キャッシュバック申請するの忘れた人が悪い、という世界なんでしょ。

あとがき

あんまりこういった愚痴のブログなんて書かないけど、やっぱりこういうネット回線系は我慢ならなくて書き残しておいた。あぁ、料金が安いとかキャッシュバックが多いとか、ベストエフォートという名ばかりの回線速度じゃなくて、UXを磨き上げたプロバイダーサービスはないものか‥。